「 悠々自適 」 な ・・・ 自由生活
 変動する世界の、、、新鮮な「にゅーす」を、検証したい♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鷹見 泉石
20060917231706.jpg


鷹見 泉石
(たかみ せんせき、天明5年6月29日(1785年8月3日) - 安政5年7月16日(1858年8月24日))
江戸時代の蘭学者であり、下総国古河藩の家老であった。 

泉石は名を忠常、通称を十郎左衛門、字を伯直(はくちょく)と称した。

古河藩士の家に生まれ、寛政8年(1796)、12歳で江戸詰となり、藩主に近侍、天保2年(1831)、41歳で家老職に就く。
譜代大名として、寺社奉行、大坂城代、京都所司代、老中など幕府要職を歴任した土井利厚(としあつ)、土井利位(としつら)に近侍、これを補佐している。

対外危機意識の高まるなか、土井家の重臣という立場から早くから海外事情に関心を寄せ、地理、歴史、兵学、天文、暦数などの文物の収集に努めた。
また、川路聖謨(かわじとしあきら)、江川太郎左衛門などの幕府要人、渡辺崋山、桂川甫周などの蘭学者、箕作省吾(みつくりしょうご)などの地理学者、司馬江漢、谷文晁ら画家、砲術家 高島秋帆、海外渡航者の大黒屋光太夫、足立左内、潁川君平(えがわくんぺい)、中山作三郎ら和蘭通詞、オランダ商館長のスチュルレ(Johan Willem de Sturler)など、当時の政治、文化、外交の中枢にある人々と広く交流を持ち、幕政にあたる藩主の職務に貢献したことはもとより、洋学界にも大きく寄与した。
渡辺 崋山
20060917230100.jpg


渡辺 崋山
(わたなべ かざん、男性、寛政5年9月16日(1793年10月20日) - 天保12年10月11日(1841年11月23日))
江戸時代後期の政治家・画家。
40歳の時、三河国田原藩(現在の愛知県田原市域にほぼ当たる)家老。
通称は登(のぼり・ただし一部の絵には「のぼる」と揮毫)、諱は定静(さだやす)。
号ははじめ華山で、35歳ころに崋山と改めた。

谷文晁(たにぶんちょう)に南画(なんが)を学び、文人画家としての一面を持つが、一方で西洋画の手法を取り入れ、陰影を巧みに用いることで写実的な肖像画を描くことに成功した。
代表作としては、「鷹見泉石像」・「佐藤一斎像」などが知られる。

崋山は貧しさをしのぐ目的もあり画業を始めたのだが、それが大きく花開き、また画業を習得する際に得た視野や人脈は、崋山の発想を大きくするために得がたいものとなった。
代表作に当時の風俗を写生した「一掃百態図」など。
また、文人としては随筆紀行文である『全楽堂日録』『日光紀行』などを残し、文章とともに多く残されている挿絵が旅の情景を髣髴させるとともに、当時を文化・風俗を知る重要な資料となっている。
正岡子規
20060917224031.jpg


正岡子規
(まさおかしき、1867年10月14日(旧暦9月17日) - 1902年9月19日)は俳人、歌人。
名は常規(つねのり)。
幼名は処之助(ところのすけ)で、のちに升(のぼる)と改めた。

俳句・短歌・新体詩・小説・評論・随筆など、多方面に渡り創作活動を行い、日本の近代文学に多大な影響を及ぼした、明治時代を代表する文学者の一人である。
死を迎えるまでの約7年間は結核を患っていた。
享年35。
辞世の句「糸瓜咲て痰のつまりし佛かな」より、子規の忌日9月19日を「糸瓜忌」「獺祭(だっさい)忌」という。
福澤 諭吉
20060917223112.jpg


福澤 諭吉
(ふくざわ ゆきち、1835年1月10日(天保5年12月12日)~1901年(明治34年)2月3日)
明治期の思想家、東京学士会院初代院長。
慶應義塾創設者として、明治の六大教育家に数えられる。
1984年~2004年の日本銀行券D号1万円札、2004年~のE号1万円札の肖像にも使用されているので時代を超えた人気者でもある。
現代では「福沢諭吉」と記載される事が多い。
なお「中村諭吉」と名乗っていた時期がある。

慶應義塾大学をはじめとする学校法人慶應義塾の運営する学校では、福澤諭吉のことを敬意をこめて「福澤先生」と呼ぶ。
Yushima Seido
fl20060910x1a.jpg


Yushima Seido

Is modern Japan a "Confucian" country? Schools no longer teach Confucian principles; the young no longer defer to the old; the hectic pace of urban life leaves scant room or patience for ritual observance.
On the other hand, the world's tallest statue of Confucius (above), standing 4.57 meters high, graces the grounds of Yushima Seido in Ochanomizu, Tokyo.
Yushima Seido is a 17th-century Confucian temple, built by the neo-Confucian scholar Hayashi Razan (1583-1657).
Students congregate there in droves to pray for success in their examinations.
Albert Einstein
20060907010223.jpg


Albert Einstein

Feb. 19, 1979

アルベルト・アインシュタイン
(Albert Einstein、1879年3月14日 - 1955年4月18日、男性)は、ドイツ出身の理論物理学者。
相対性理論をはじめとする多くの業績のほか、特異な風貌とユーモアあふれる言動によって、専門分野を超え世界中に広くその存在が認知されており、しばしば天才の例としてひきあいに出される。
光量子仮説に基づく光電効果の理論的解明によって1921年のノーベル物理学賞を受賞。

ノーベル賞受賞者
受賞年: 1921年
受賞部門: ノーベル物理学賞
受賞理由: 光電効果の法則の発見等
バクテリアが回す羽根車
4672150.jpg


バクテリアが回す羽根車

 体長1マイクロメートルのバクテリアを使い、微小な羽根車を回転させることに産業技術総合研究所の研究グループが成功した。
微生物を使った動力源として、微小機械などへの応用が期待される。
(米アカデミー紀要提供)
 俊頼髄脳 藤原定家の古写本発見 重文級の資料か
20060810-00000021-maip-soci-view-000.jpg


 俊頼髄脳 藤原定家の古写本発見 重文級の資料か

 藤原定家の系譜を引く歌道家・冷泉(れいぜい)家(京都市上京区)の歌書などを保存する財団法人「冷泉家時雨亭文庫」(冷泉為人理事長)は9日、新たに発見された古写本が、平安時代の歌人・源俊頼(としより)が書いた和歌教本「俊頼髄脳(ずいのう)」を、1237(嘉禎(かてい)3)年に定家が写したものだったと発表した。

 これまで確認されていた江戸時代の写本より約500年古く、表現も、未発見の原本に近いとみられ、同文庫は「重要文化財級の資料」としている。

 昨年9月、冷泉家の土蔵「御新(おしん)文庫」の調査中に見つかった。
縦16.5センチ、横15.9センチ、厚さ2.2センチで486ページ。
調査を担当した同文庫主任研究員の赤瀬信吾・京都府立大文学部教授(国文学)によると、題名の表記はなかったが、内容から断定。
巻末に年号の記述があり、筆跡から当時70代半ばの定家の筆によるものと分かった。
巻頭と巻末以外は定家の側近が書き、定家が修正の筆を入れていた。
定家は新古今和歌集の選者の一人。

 「髄脳」とは和歌の奥義の意で、源俊頼が12世紀に関白・藤原忠実の命を受け、忠実の娘で鳥羽天皇の后(きさき)・勲子(くんし)に献上したもの。
歌にまつわる故事や伝承が説話的に書かれており、平安末期の「今昔物語集」の説話の出典本ともされる。
木星の魅力
TKY200607260298.jpg


 木星で二つの斑点、最接近 ハワイの天文台撮影

 木星の巨大な目玉のような「大赤斑」に、ひと回り小さな赤斑が最接近し、天文学者や天文ファンの注目を集めている。
米ハワイのジェミニ天文台がこのほど、大小二つの赤斑が並んだ画像を公開した。近赤外線による撮影のため、肉眼では赤い赤斑が白く浮かび上がって見える。

 同天文台などによると、赤斑は水素とヘリウムを主成分とする木星の大気が、台風のように渦巻いたものと考えられている。
木星の特徴になっている大赤斑は横幅が2万キロ以上もあり、300年以上前にイタリアの天文学者カッシーニが発見して以降、観測され続けている。

 もう一つの赤斑は大きさが大赤斑の半分ほど。
00年に三つの白斑が合体してできたものが、今年2月ごろから赤く変化した。
下層大気に含まれる物質が上昇気流で巻き上げられ、赤く変色したという説もあるが、はっきりしたことは分かっていない。

 二つの赤斑の接近で、さらに色や形の変化が見られるかも知れないと期待されている。
漱石 書簡
20060720-00000022-maip-soci-view-000.jpg


 未公表書簡 漱石、龍之介ら文豪の700点発見

 夏目漱石、芥川龍之介ら文豪の未公表書簡が見つかった。
自然主義文学の巨匠、徳田秋声にあてたもの。
今月完結する「徳田秋聲全集」(八木書店)編集の過程で発見され、うち57点が20日刊行の別巻に収録される。
近代文学史の舞台裏がうかがえる貴重な資料だ。

 書簡は東京都文京区本郷の旧秋声宅に約700点あった。
明治から昭和にかけて文壇に君臨した秋声らしく、多彩な人脈や出来事を反映している。

 漱石書簡は1915年9月8日付。
東京朝日新聞文芸欄に連載小説「奔流」を準備中の秋声に対し、同欄の編集責任者の漱石は「小生の小説完結迄(まで)に三十回渡しさへすれば先方にても苦情なかる間敷(まじき)事と愚考致し候」と念押しするなど、やきもきする様子が伝わる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。