「 悠々自適 」 な ・・・ 自由生活
 変動する世界の、、、新鮮な「にゅーす」を、検証したい♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高徳院(鎌倉大仏)
469px-Daibatsu-2.jpg


高徳院(鎌倉大仏)

 鎌倉を代表する名所となっている長谷の高徳院の本尊である大仏は、鎌倉幕府第三代執権・北条泰時の晩年になってから作り始めた。
「吾妻鏡」によれば、北条泰時の時に、淨光という僧が諸国を勧進して浄財を集めて歩き、暦仁元年(1238)3月から大仏と大仏殿を造り始めた。
北条泰時もその建立に援助をした。そして大仏開眼は5年後の寛元元年(1243)6月11に行われた。
泰時は前年の6月に62歳で亡くなった。
この時、建立した大仏は木造であった。

 そして4年後の宝治元年(1247)にこの大仏が暴風雨の為に倒壊したので、建長四年(1252)にあらためて金剛の大仏が造営され始めた。
大仏殿は建武二年(1335)と志安二年(1369)の台風で倒壊。
更に明応四年(1495)の大津波で押し流され、以来、現在の様な露座の大仏となってしまった。
本尊の大仏は阿弥陀如来。
阿弥陀如来の高さは12.38m、総重量は121トンである。
Buddha Daibutsu, Kamakura
Daibutsu_right_1879.jpg


Buddha Daibutsu, Kamakura

Description Buddha Daibutsu, Kamakura, Japan.
This statue, made of bronze, is 11.40 m high and weights 93 t.
Angry Gods
29.jpg


Angry Gods

Angry Gods : Keeping the riffraff out of Japanese temples. [Tanashi, Tokyo] Submitted by Jasebase, NZ.
大庭春義作「感秋」
20061106192801.jpg


大庭春義作「感秋」
大庭春義作
「感秋」 

人形師大庭春義氏は中でも美人像を多く手掛け、天平や平安、唐風の華やかな時代をモチーフにする。
その表情は慈愛に満ち、見る者の心を癒してくれる。
かくも美しい人に出会ってみたいそう思わせるほどである。
その裏には、氏の人形制作に対するこだわりがある。

作品ひとつひとつに、ここまでやるかと思うほどの時間、労力、技術を惜しむなく費やす。
仏師のごとく、一心不乱に人形のかたちを作っていく。
作品は年に数えるほどしかできないが、出来上がった作品はうっとりするほど美しく、その世界に引き込まれそうになる。
遠くいにしえの世界へ・・・。
東西南北之美人 東方乃美人
20061106170923.jpg


東西南北之美人 東方乃美人
  (とうざいなんぼくのびじん とうほうのびじん)

大判 錦絵
北尾重政筆
 (きたおしげまさひつ)
縦36.8 横26.2
江戸時代
重美

■解説
 北尾派の祖重政(1739-1820)は,重厚で健康的な美人様式を創始し,安永,天明期を中心に活躍したが,錦絵の作例は多くない。
《東西南北之美人》は,江戸を代表する四つの遊里の女たちを描いた揃物で,本図は深川仲町のいわゆる辰巳芸者の姿をとらえたもの。
婦人相学十躰 浮気之相
20061106165327.jpg


婦人相学十躰 浮気之相
  (ふじんそうがくじったい うわきのそう)

大判 錦絵
喜多川歌麿筆(きたがわうたまろひつ)
縦37.8 横24.3
江戸時代
重文

■解説
 《婦人相学十躰》は,美人大首絵の中に気質の類型まで描き分けようとした歌麿(1753?-1806)の代表作ともいえる揃物。
湯帰りの女が振り返った一瞬を描いた本図では,その嬌慢な表情の中に,多情で浮かれがちな女の性格が見事に写し出されている。
博多人形
nou0019.jpg


博多人形
佐藤好昭作
「胡蝶」

 佐藤好昭作先生は、通産省認定の伝統工芸品・博多人形の人形師でありながら、主に現代工芸の分野で活動を続ける、業界でも珍しい存在の作家さんです。
1983年から、日本現代工芸美術展や日展など「現代美術」に挑み続け、数多くの賞を受賞した注目の作家であります。

 その作風は従来の博多人形だけでなく土偶や埴輪など「古代」をモチーフにしたものが特徴で、作品群は人形だけでなくランプも手がけ、とてもバラエティに富んでいます。
平成11年には日本現代工芸美術展でNHK会長賞を受賞され、ますますその作風に磨きをかけています。
インディアン 
0764.jpg


インディアン 
-MAIL POUCH TOBACCO-

 この看板はタバコの看板です。
インディアンの凛々しい姿を男らしさとして表現しているのではないでしょうか?

 現在のアメリカをはじめとした国々が【ネイティブアメリカ】と彼らを呼ぶようになりました。
遥か昔に語り継がれてきた先住民の伝統と誇りを嫌味なく主張しているカッコイイ看板だとはおもいませんか?
インディアンジュエリーの好きな方には最高の1枚になること間違いなしですね。
松尾芭蕉
touk_15.jpg


松尾芭蕉

名称 秘蔵のくに伊賀上野
種類 80円郵便切手
意匠 松尾芭蕉と伊賀上野城 伊賀上野城と俳聖殿
発行日 平成14(2002)年9月10日(火)
印面寸法 縦34.8mm・横25.5mm
版式刷色 オフセット5色
原画作者 原田 維夫(イラストレーター)

 横に2種連刷になった本郵便切手に向かって、左に松尾芭蕉の旅姿、中央に伊賀上野城(左から小天守閣、大天守閣)、右に朝日に照らされる俳聖殿を、両切手の下方には、芭蕉著の紀行「奥の細道」にちなんだ荒波のそれぞれのイメージを木版画で描いています。

 「俳聖殿」は、昭和17(1942)年に芭蕉生誕300年を記念して芭蕉の旅姿を象徴して建築されたもので、2階の丸い屋根は旅笠、「俳聖殿」と記された木額辺りは顔、1階の八角形の屋根は衲衣(着用していた衣服)の肩から腰にかけての姿、その屋根を支える周囲の柱は足と杖を表しています。
正倉院宝物
shosoin_03.jpg


正倉院宝物

 正倉院展の季節です。
あの繊細華麗な天平芸術の粋は一体どこから来たのでしょう。
唐・新羅・渤海・ペルシア・インドなどの諸作品にそのルーツをもとめ、また、その後はどのような展開を見せるのでしょうか。
そうした視点から展示した館蔵資料を見ながら、古代日本の国際性や文化交流の結実を考えましょう。

紅胎加彩女子 中国 唐代 高 64.8cm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。