「 悠々自適 」 な ・・・ 自由生活
 変動する世界の、、、新鮮な「にゅーす」を、検証したい♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【母と子(指をしゃぶるアン)】
【母と子(指をしゃぶるアン)】


【母と子(指をしゃぶるアン)】

メアリー・カサット
[アメリカ 1845-1926] 

母と子(指をしゃぶるアン)
[パステル・紙 55×46㎝ 1897] 
オルセー美術館[フランス] 
トリミングされた母と子の愛情あふれる情景。
<解説:引用>
ダン・ガンドレ
s7121p.jpg


ダン・ガンドレ
【からすのいる木】
h-fri1.jpg


【からすのいる木】
カスパル・ダヴィト・フリードリヒ
[ドイツ 1774-1840] 

からすのいる木
[油彩・キャンバス 54×71㎝ 1822頃] 
ルーブル美術館[フランス] 
風景に託された遙かな世界への希望と憧憬
平山 郁夫「絲綢之路」
dsc3654.jpg


平山 郁夫「絲綢之路」

リトグラフ 
19/300
1990年作
『白馬の森』
20070929173840.jpg


『白馬の森』

東山魁夷画伯の『白馬の森』である。
幻想な幽玄世界だ。枯死したような老木の木立のなかに、一頭の白馬がいる。

 この森は幻視の世界か。
地はあるのか。
剥き出しの根がみえる。
木立は氷のように凍てついていてするどい。
それでいてその枝の先には、これも幻視なのか、緑の葉塊が霞んでいる。

 そのなかに、一頭の白馬が佇んでいる。
まだ成馬に達しない少年のような未熟さを体現している。
えもいわれぬ“いのち”を画布に注いでいる。
そこにいるのは、長い髭をはやした老人でもなければ成馬でもない。
少年のような軽やかさ・無邪気さを漂わせている一頭の白馬である。
<解説:引用>
アメデオ・モディリアーニ
Hebuterne1280.jpg


アメデオ・モディリアーニ
肩をあらわにしたジャンヌ・エビュテルヌ  
1919年 

Jeanne Hébuterne aux épaules nues. / 1919
Amedeo Modigliani 1884-1920

たった3年の恋は、不幸せですか?
    Collection particulière 蔵 
             66.0cm×47.0cm
志村立美
simura-10-hyoutan-up22.jpg


志村立美

作品名:ひょうたん

 1907群馬県生れ~1980 東京にて歿
 日本画家山川秀峰に師事
 挿絵画家 連載小説「丹下左膳」挿絵
 晩年、日本画制作、美人画
 <解説:引用>
ラフルスキー「エッフェル塔」
20070813200738.jpg


ラフルスキー「エッフェル塔」

 1943年、西ドイツに生まれる。
16歳で初めての個展を開き、1961年までパウナ美術アカデミー及び、フランクフルトの美術学校に学ぶ。
1960年若き画家や、美術愛好家の集まるモンマルトルで6年間街頭風景を描き続け、1968年リトグラフ制作活動に入る。
1965年から現在に至るまで、パリを中心に数々の個展を開催、注目される若き画家の一人であり、彼の作品は多くの美術館に所蔵されている。
シャンパンビスケット
s6263p.jpg


シャンパンビスケット
ミュシャ

 リクリエーションとは、ミュシャの親族により創設されたミュシャ財団の監修のもと制作された作品のことです。
エラ・ファーレ
20070708094137.jpg


エラ・ファーレ
   「丘に登る径」

 田園風景を豊な色彩感覚でのびのびとしたタッチで描き、見る者の心を爽やかにさせてくれます。
日本でも人気のある作家のひとりです。
<解説:引用>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。