「 悠々自適 」 な ・・・ 自由生活
 変動する世界の、、、新鮮な「にゅーす」を、検証したい♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
火の滝 山を下る 
OSK200702060070.jpg


火の滝 山を下る 
和歌山・神倉山で「お燈祭り」

 和歌山県新宮市の神倉山で6日、たいまつを持って538段ある急な石段を一気に駆け下りる奇祭「お燈(とう)祭り」があり、約2000人が参加した。

 「上り子(のぼりこ)」と呼ばれる参加者は、白装束の腰に荒縄を巻いて、山上の神倉神社のご神体「ごとびき岩」そばに集合。
午後7時40分ごろ、たいまつに火がともされると「うぉー」と気勢を上げた。
まもなく同神社の門が開くと、歓声とともに次々と駆け出した。

 この祭りは熊野速玉大社の元宮とされる神倉神社の大祭。
たいまつの火が流れるように見えることから、地元では「山は火の滝、下り竜」とうたわれている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。