「 悠々自適 」 な ・・・ 自由生活
 変動する世界の、、、新鮮な「にゅーす」を、検証したい♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少女の肖像
20070111114349.jpg


少女の肖像
  1878年 ルノワール
Portrait of a Girl

ルノワール、印象主義円熟期の作品です。
Collection of Mr. Jack Cotton, 
64.8cm×53.6cm

女性の美しさ、愛らしさ、そして内面の魅力を描かせたら、ルノワールほど上手い画家は居ないと思います。
この絵は、光を色として描く印象主義を極めたルノワールの魅力溢れる一枚です。

計算され尽くした光、準備され尽くした衣装と背景、そして威厳を感じさせるポーズ。
古典肖像画に見られるこうした要素を感じさせないルノワール。
さて、彼は光を計算していたのでしょうか。
衣装や背景を、細かく準備したのでしょうか。
モデルに、このようなポーズ、このような表情と、細かく注文したのでしょうか。
<解説:引用>
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。