「 悠々自適 」 な ・・・ 自由生活
 変動する世界の、、、新鮮な「にゅーす」を、検証したい♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三番叟
photo8.jpg


三番叟

国崎正行作
 「三番叟」 高さ:29cm


 演劇としての能というより、天下泰平、国土安穏、五穀豊穣を祈る儀式に近いもので、祈祷の芸術的表現とでもいうべきものである。
現在のような形になったのは世阿弥時代の少し前で、この原型は、地方に「翁」と呼ばれる民俗芸能が残っており、それではないかといわれている。

 「翁」の舞を先頭に「千歳」の舞と続き「三番叟」の舞へと入る。
三番叟では「揉の段」と「鈴の段」の二つの場面に別れる。
「揉の段」は面を着けず足を交差させたり跳躍するなど、リズミカルで躍動感あふれる舞いが舞われる。
次の「鈴の段」では、黒色尉の面を着け鈴を持って祝いの舞を舞う。
これはその「鈴の段」のシーンである。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。