「 悠々自適 」 な ・・・ 自由生活
 変動する世界の、、、新鮮な「にゅーす」を、検証したい♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
紅葉
c0069413_23454587.jpg


紅葉

 気温がさがると、葉緑素(緑の成分)が壊れて緑色がなくなります。
また、根からの水の吸収がわるくなるために葉の付け根に離層いうしきりができて導管(水が通る道)や師管(養分の通り道)をふさいでしまい、葉にできたでんぷんは葉に溜まったままになります。

 この壊れた葉緑素や溜まったでんぷんに日光があたるとアントシアンという赤い色素に変わります。
それが紅葉です。
(主婦と生活社「ふしぎ!なぜ?大図鑑」より)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。