「 悠々自適 」 な ・・・ 自由生活
 変動する世界の、、、新鮮な「にゅーす」を、検証したい♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
浮彫十一面観音龕
20061105191822.jpg


浮彫十一面観音龕
  (うきぼりじゅういちめんかんのんがん)

石灰岩
陝西省西安宝慶寺
総高113.8

重文

■解説
 宝慶寺石仏群は,中国唯一の女帝である武則天(則天武后)が長安城内に造営した光宅寺の七宝台に安置された。
本像のような十一面観音立像龕と,阿弥陀如来,弥勒如来,降魔印を結ぶ如来などを中尊とする三尊形式をとる龕の2種,計30余点が現存する。
長安3,4年(703,4)の年記をもつ作例があり,その頃の制作と考えられる。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。