「 悠々自適 」 な ・・・ 自由生活
 変動する世界の、、、新鮮な「にゅーす」を、検証したい♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
受胎告知
2-369.jpg


受胎告知
(1441-43頃)
(フィレンツェ、サンマルコ美術館)

 フラ・アンジェリコ
(Fra Angelico, 1387/1400年 - 1455年)
イタリア、ルネサンス期の画家。

 本名グイード・ディ・ピエトロ。15世紀前半のフィレンツェを代表する画家である。
フラ・アンジェリコ(天使的修道士)という通称のとおり、その作品は清らかで深い精神性に満ちている。

 フィレンツェ近郊のヴィッキオの出身。
生年はわかっていないが、1400年前後に生まれ、1420年前後にドミニコ会の修道士になったと考えられている。
修道名をフラ・ジョヴァンニ・ダ・フィエーゾレと称したが、この名は1423年の時点で確認することができる。
フィレンツェのほか教皇エウゲニウス4世の招きでローマでも制作した。
また、フィエーゾレのサン・ドミニコ修道院の院長を務めている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。