「 悠々自適 」 な ・・・ 自由生活
 変動する世界の、、、新鮮な「にゅーす」を、検証したい♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 小野小町
12komati_int.gif


 小野小町
(おののこまち)

 生没年不詳。
平安前期の歌人。
出羽郡司の娘、小野篁の孫、小野美材・同好古の従妹などの諸説がある。

 『古今集』仮名序に美人の誉れ高いことがみえ、また歌人としても秀でた。
文屋康秀、遍昭、凡河内躬恒、安倍清行、小野貞樹らとの交流があり、贈答歌が残されている。
六歌仙・三十六歌仙の1人。
『古今集』『後撰集』以下の勅撰集に入集。
平安後期以来、好色な女、貴人との悲恋、零落した老女など、さまざまな伝説が付会され、殊に謡曲には『草子洗小町』『通小町』など多く採られた。
(『新潮日本人名辞典』)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。