「 悠々自適 」 な ・・・ 自由生活
 変動する世界の、、、新鮮な「にゅーす」を、検証したい♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
聖カタリーナ修道院
image9.jpg


聖カタリーナ修道院

 エジプトのシナイ半島は砂漠気候と草木もろくにない岩山で、人間にとってはもっとも厳しいところである。
そういう場所を何十年もさまよったのが、エジプトから脱出したモーゼとイスラエルの民であった。
モーゼはシナイ山で神から「十戒」を二度与えられた。
その山の真下のふもとにあるのが、このカタリーナ修道院である。

 これはギリシャ正教の修道院で、3世紀にローマ帝国の迫害を逃れたキリスト教徒が、旧約聖書の舞台であるこの地に住み着いたことが、その始まりという。
長い歴史の中で、当時の為政者から保護を受け、比較的に良好な関係を保ってきたと言われる。

 この中庭には、「燃えない柴」がある。(上写真の柴) 
モーゼが羊を追って神の山ホレブに入った時、柴の間の燃え上がる炎の中に、神の使いが現れた。
これでモーゼは神との対話を果たす。
炎があっても燃えなかった柴が、中庭の柴だと伝えられる。
         (JTBワールドガイド・エジプトより大意引用)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。