「 悠々自適 」 な ・・・ 自由生活
 変動する世界の、、、新鮮な「にゅーす」を、検証したい♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
阿修羅
Koashura.jpg


阿修羅
(あしゅら、あすら)
八部衆に属する仏教の守護神。
修羅(しゅら)とも言う。
大乗仏教時代に、その闘争的な性格から五趣の人と畜生の間に追加され、六道の一つである阿修羅道(修羅道)の主となった。

 阿修羅とは梵語「asura」の音写。
古代インドの魔神アスラが仏教に取り入れられ た。
帝釈天と戦争をするが、常に負ける存在。
この戦いの場を修羅場(しゅらじょう)と呼ぶ。

 姿は、三面六臂(三つの顔に六つの腕)で描かれることが多い。

 奈良県・興福寺の八部衆像・阿修羅像(国宝)や、京都府・三十三間堂の二十八部衆像・阿修羅像(国宝)が有名。

 日本語では、争いの耐えない状況を阿修羅道に例えて阿修羅、修羅と呼ぶ場合もある。
修羅場という語も「しゅらば」と読まれて、激しい闘争の行われている場所、あるいはそのような場所を連想させる状況を指す。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。