「 悠々自適 」 な ・・・ 自由生活
 変動する世界の、、、新鮮な「にゅーす」を、検証したい♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
探査衛星が撮影した「名月」
TKY200610040282.jpg


探査衛星が撮影した「名月」
裏側はクレーターだらけ

 中秋の名月を前に東京都江東区の日本科学未来館で4日、直径6.5メートルの球体ディスプレー「ジオ・コスモス」に月を映し出す展示が始まった。

 地球から見ることができない月の裏側を、米国の月探査衛星「クレメンタイン」が撮影した映像を元に再現している。
裏側は表に比べてクレーターが多く、平らな地形は約2%しかないという。

 映写は1日に5回。
うち3回は月に関する解説も聞ける。
9日まで。
問い合わせは同館(03・3570・9151)。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。