「 悠々自適 」 な ・・・ 自由生活
 変動する世界の、、、新鮮な「にゅーす」を、検証したい♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二葉亭 四迷
20060917224832.jpg


二葉亭 四迷
(ふたばてい しめい、男性、元治元年2月28日(1864年4月4日) - 1909年(明治42年)5月10日)
日本の小説家、翻訳家。
長谷川 二葉亭(はせがわ ふたばてい)とも呼ばれる。
本名、長谷川 辰之助(はせがわ たつのすけ)。
江戸市ヶ谷生れ。
東京外国語学校露語科中退。

坪内逍遥と交流を結び、その勧めで評論『小説総論』を発表。
1887年から91年の間に出された写実主義小説『浮雲』は言文一致体で書かれ、日本の近代小説の先駆となった。
また、ロシア文学の翻訳もよくし、ツルゲーネフの「あひゞき」「めぐりあひ」は特に有名。
自然主義作家へ大きな影響を与えた。

後に『其面影』『平凡』を書いたが、1909年、ロシア赴任からの帰国途中、ベンガル湾上で客死した。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。