「 悠々自適 」 な ・・・ 自由生活
 変動する世界の、、、新鮮な「にゅーす」を、検証したい♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日の名残り
2-5698.jpg


日の名残り

 ヨーロッパに戦争の兆しが見え始めた1936年の英国・オックスフォード。
スティーブンスはダーリントン卿の館で執事として働いていた。
職務に忠実な彼は、主人が親ナチスであることにも無関心を装い、ひたすら仕事を最優先にする。
同僚の勝気なメイド、ミス・ケントンへの淡い恋心も胸に秘めたまま、嫁いで行く彼女を見送るのだった。
そして20年の歳月が過ぎ、年老いた彼の元にケントンから一通の手紙が届く。
過ぎ去った若き日を思い出しながら、彼は彼女の元へと向かうが…。

 日系人作家、カズオ・イシグロがブッカー賞を獲得した同名のベストセラー小説を、『眺めのいい部屋』の名匠、ジェームズ・アイヴォリーが映画化。
英国の貴族社会の中で繰り広げられる切ない大人の恋物語を、格調高い映像で綴った珠玉作だ。
主演は『ハワーズ・エンド』の黄金コンビ、アンソニー・ホプキンスとエマ・トンプソン。
共にオスカー俳優である2人が見せる味わい深い演技が胸に染みる。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。