「 悠々自適 」 な ・・・ 自由生活
 変動する世界の、、、新鮮な「にゅーす」を、検証したい♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セルジュ・ラシス
セルジュ・ラシス


セルジュ・ラシス
  「森の乗馬」
    リトグラフ

セルジュ・ラシス(Serge・Lassus)
       1933年 フランス南西部の町ビアリッツに生まれる。
       1950年 パリ装飾美術学校に入学。
       1955年 パリの広告代理店"PUBLICITAS"に入社。印刷物のイラスト       を担当。
       1959年 初個展を故郷ビアリッツで開催。大好評を得、画家として       本格的に活動を開始する。
       1981年 以降、パリ、ボルドー、オンフルール、ニースなどフラン       ス各地をはじめ、スイス、イタリア、スペイン、アメリカで個展を       開催。
       美術学校時代から、セザンヌやデュフィなどから影響を受け、色や       形に単純化と唯美主義を追求した絵を描き、女性には高価な衣装を       まとわせたロマンス派的心情を、馬には先史時代や古代のフレスコ       画の形を、鮮やかで非現実的な背景に取り入れ、神秘的な雰囲気を       いっそうかもし出している。
    <解説:引用>
スポンサーサイト
奈良薬師寺 薬師三尊像
OSK200712210020.jpg


奈良薬師寺 薬師三尊像
光背はずし、背中あらわに 

 日本の仏教彫刻の最高傑作の一つ、奈良・薬師寺の薬師三尊像(8世紀初めごろ、国宝)から、仏の後光を表す舟形光背(こうはい)(17世紀)が取り外された。
安置されている金堂の落慶(76年)以来31年ぶり。
普段は光背に隠れている3像の背中があらわになり、丸みを帯びた優雅な姿を見ることができる。

 堂内の彩色修理や来春に東京である展覧会の準備のため、今月中旬から取り外しを進めていた。
本尊の薬師如来坐像(ざぞう)(高さ2.55メートル)を挟む、左の日光菩薩(ぼさつ)立像(同3.17メートル)と右の月光菩薩立像(同3.15メートル)は、肩にかかる天衣(てんね)や腰につけた裳(も)の流れるような線が美しい。肩や背中は意外な量感にあふれている。

 日光・月光両像は来春、展覧会のため初めて寺を離れる。
三尊が光背とともに元の姿を取り戻すのは来夏ごろという。
<解説:引用>

シクラメン出荷ピーク 福岡
シクラメン出荷ピーク 福岡


シクラメン出荷ピーク 福岡

 クリスマスやお正月を彩るシクラメンが出荷のピークを迎えている。
福岡県朝倉市の園芸農家、竹末春幸さん(33)のビニールハウスでは、赤や白、ピンクの花の鉢が並び、出荷を待つ。

 福岡県は西日本有数のシクラメン産地。
竹末さんは今年新たに手がけた5品種を加え、約40品種、1万5000鉢を年末までに出荷する。
残暑の影響で開花は1~2週間遅い。
日光を遮る幕をかけたり、扇風機を使ったり、と温度調整に苦労したという。
<解説:引用>
【母と子(指をしゃぶるアン)】
【母と子(指をしゃぶるアン)】


【母と子(指をしゃぶるアン)】

メアリー・カサット
[アメリカ 1845-1926] 

母と子(指をしゃぶるアン)
[パステル・紙 55×46㎝ 1897] 
オルセー美術館[フランス] 
トリミングされた母と子の愛情あふれる情景。
<解説:引用>
KABA.ちゃん
040924.jpg


KABA.ちゃん

<写真:引用>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。