「 悠々自適 」 な ・・・ 自由生活
 変動する世界の、、、新鮮な「にゅーす」を、検証したい♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆既日食 喜界島で観測 
皆既日食 喜界島で観測 

皆既日食 喜界島で観測 
46年ぶり天文ショー

 皆既時間が6分を超える今世紀最長の皆既日食が22日午前、インドから中国、鹿児島県・トカラ列島などで起きた。

 国内の陸地で皆既日食が観測できるのは46年ぶりとあって、多くの人々が「世紀の天文ショー」を見守った。
鹿児島県・喜界島では皆既日食が観測され、太陽が月にすべて覆い隠されると周囲は夜が来たように暗くなった。
一方、6分25秒の皆既となるトカラ列島・悪石島は悪天候で、地上からの観測はできなかった。
日本列島も曇りがちで、部分日食が観測できたのは沖縄、九州北部、関東北部、北海道などの一部地域に限られた。
<解説:引用>
スポンサーサイト
46年ぶりの皆既日食
46年ぶりの皆既日食

46年ぶりの皆既日食
黒い太陽、つかの間の夜…

 輝くコロナに包まれた黒い太陽、つかの間の夜――。
太陽が月に完全に隠される皆既日食が22日、国内の陸地の上空では46年ぶりに鹿児島県の奄美大島などで観測された。
部分日食も各地で見られ、太陽と月が織りなす天体ショーが繰り広げられた。

 皆既日食は太陽と月、地球が直線上に並び、地上から見ると太陽が月に隠される天文現象。
太陽と月の見かけ上の大きさがほとんど同じために起こる。

 奄美大島では午前11時前に皆既状態になり、天文ファンらを楽しませた。
一方、皆既状態が6分半近く続く鹿児島県・トカラ列島の悪石島(あくせきじま)は雨模様。
高額な観測ツアーで訪れた人たちからため息が漏れた。
<解説:引用>
超高速ネット衛星
20080223-024.jpg


超高速ネット衛星
打ち上げ成功=鹿児島

 超高速インターネット衛星「きずな」を搭載したH2Aロケット14号機が種子島宇宙センターから打ち上げられた。
地球周回軌道に投入され、打ち上げ成功。
「きずな」の静止軌道上想像図。
(宇宙航空研究開発機構提供)
Eavesdropping plan
1003_eavesdropping.jpg


Eavesdropping plan

It was the biggest legal mess I had ever encountered.

JACK L. GOLDSMITH
former head of the Office of Legal Counsel, on the Bush Administration's domestic eavesdropping plan ...
SFっぽいカブトムシ
200612210.jpg


SFっぽいカブトムシ

みなさまの大好きな、DIYのお時間です。

こちらは「Insect Lab」(直訳すると昆虫製作所)が作成した、アーティスティックな昆虫標本。
アンティーク腕時計の歯車やゼンマイ、電子部品が体には使われています。
虫が苦手な人でも、これなら掴めそうです。

気になるお値段は、400ドルです。
ウニのゲノムを解読
4824604.jpg


ウニのゲノムを解読
国際チーム

 国際研究チームが10日、ゲノムを解読したと発表したキタムラサキウニの仲間。
ウニなどの棘皮動物は人間などが含まれる脊索動物と進化系統上近く、進化過程を解明する上で役立つと期待される。
(米サイエンス誌提供)
How We Became Human
1101061009_400.jpg


How We Became Human

  Oct. 9, 2006
最小ゲノムの共生細菌
4767769.jpg


最小ゲノムの共生細菌

 キジラミ類の体内に共生する細菌「カルソネラ」。
カルソネラの全遺伝情報(ゲノム)を解読したところ、過去に解読された生物の中で最小であることが分かった。
(中鉢淳理化学研究所客員研究員提供)
公転周期が超短期の惑星
20061005-04753524-jijp-int-view-001.jpg


公転周期が超短期の惑星

銀河系の中心部で見つかった公転周期がごく短い惑星(右上)の想像図。
最短のものは、恒星(左下)の周りを約10時間で1周。
いずれ恒星に近づき、蒸発してしまう可能性が高いという。
(NASA、ESAなど提供)
探査衛星が撮影した「名月」
TKY200610040282.jpg


探査衛星が撮影した「名月」
裏側はクレーターだらけ

 中秋の名月を前に東京都江東区の日本科学未来館で4日、直径6.5メートルの球体ディスプレー「ジオ・コスモス」に月を映し出す展示が始まった。

 地球から見ることができない月の裏側を、米国の月探査衛星「クレメンタイン」が撮影した映像を元に再現している。
裏側は表に比べてクレーターが多く、平らな地形は約2%しかないという。

 映写は1日に5回。
うち3回は月に関する解説も聞ける。
9日まで。
問い合わせは同館(03・3570・9151)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。