「 悠々自適 」 な ・・・ 自由生活
 変動する世界の、、、新鮮な「にゅーす」を、検証したい♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
安治 
yj-gs-b.jpg


安治 

   「銀座商店夜景」
スポンサーサイト
アンディ・レイキー
2006-1angelfamily.jpg


アンディ・レイキー
天使の絵

    「エンジェル・ファミリー」
Nice
2003820508.jpg


Nice

Just outside of Nice is this beautiful villiage hidden in the hills.
— Denise Bergeron, Marysville

人気漫画「ジョジョ」
TKY200709070076.jpg


人気漫画「ジョジョ」
荒木さん 米生物学誌の表紙描く

 生物学の米専門誌セルの表紙を「ジョジョの奇妙な冒険」などで知られる漫画家、荒木飛呂彦さんが描いた。
7日付同誌に論文を出した瀬藤光利・自然科学研究機構生理学研究所准教授らの成果をイメージしたもので、日本の漫画が著名な学術誌の表紙を飾った。

 瀬藤さんは荒木さんの漫画の大ファン。
成果のイメージを描いて欲しいと依頼したところ、荒木さんが快諾した。
セルの表紙には通常、細胞の顕微鏡写真などが載るが、編集部も日本の漫画に興味を示したことから採用になった。

 瀬藤さんらのグループは、脳の中で神経細胞の情報のやりとりを調節する、たんぱく質を見つけた。
やりとりに使われる神経伝達物質の量を調整するため、別のたんぱく質の分解にかかわっていることから、「壊し屋」という意味でスクラッパーと名付けた。

 表紙の漫画は、スクラッパーをイメージしたキャラクターが、破壊すべきたんぱく質(赤い円盤)を選んで、ハート形の目印をつけている場面になった。
真珠シャチ 三重・志摩に
2005-025.jpg


真珠シャチ 三重・志摩に

 ウェスティンナゴヤキャッスル(名古屋市西区)ロビーに展示され、宿泊客らに親しまれてきた「真珠シャチ」が来月1日、三重県志摩市にオープンする美術館に引っ越すことになった。

 真珠シャチは、ホテルが名古屋城お堀端の現在地に開業した69年10月、宝石会社「大山」(名古屋市千種区)が作製、ロビーに設置された。
雌雄一対で、重さ雌540キロ、雄530キロ。

 真珠を計約12万個使い、当時の価格は約6億円だったという。
以来38年間、ホテルのシンボルとして、記念撮影のスポットになってきたが、大山が三重県志摩市に建設中の「大山玉宝美術館」が来月オープンするのに合わせ、名古屋を去ることになった。
Making a sharp glass mosaic
2003820093.jpg


Making a sharp glass mosaic

Plan your color palette for the mosaic.
Braun likes to use two variations of each color, one lighter and one darker, to give the piece depth.
Try two different greens for the tree, for example, or one opaque and one translucent blue for the sky.
高松塚古墳でガラス小玉
2003-17.jpg


高松塚古墳でガラス小玉

 高松塚古墳(奈良県明日香村)の床石の上から新たに見つかった青いガラス小玉。
2点とも直径約3ミリの大きさで、中央に約1ミリの穴が開いてる。
(奈良文化財研究所提供)
「太陽の塔」
0-df9c.jpg


「太陽の塔」

 大阪を代表する建造物のひとつである「太陽の塔」は、岡本太郎(1911-1996)の傑作としてあまりに有名です。
大阪万国博覧会(1970)のシンボルとして会場の中心にそびえ立った異形の塔は、30年余り経った現在でも圧倒的な存在感を持ち続けています。
<解説:引用>
鍋島色絵寿之字宝尽図八角皿 
138.jpg


鍋島色絵寿之字宝尽図八角皿 
製作年代  宝永~延享(1704-1748年)
h  5.4cm 
d 21.0cm

 これは鍋島の最も型物らしい文様である。
伊萬里の型物とは製作の根本を異にし違った風格と思想がある。
幸運と不老長寿を願う江戸時代の貴族には最もふさわしい目出度い皿であったのである。
 文様の材料としては誠に纏めにくい多くの素材を一つの画面に欲深く取り入れようとした無理が現われているが、さすがに練達の筆力と創意があり、鍋島として珍重され類品のない名品となったのである。
<解説:引用>
ノマディック美術館
206-0001.jpg


ノマディック美術館

森アーツセンターで
お台場「ノマディック美術館」のプレ展示

 六本木ヒルズ・森タワー52階の森アーツセンターギャラリー(港区六本木6)で、アーティストのグレゴリー・コルベール氏の展覧会「animal totems: a prelude to ashes and snow」が開催されている。

 グレゴリー・コルベール氏はカナダ出身のアーティスト。
ドキュメンタリーフィルム制作を経てアート写真分野へと転身し、2002年から人間と動物が交流する様子を記録したアートプロジェクト「ashes and snow」の制作・発表を続けている。

 展覧会は、お台場に3月11日開館する「ノマディック美術館」での同氏の展覧会「ashes and snow」(3月11日~6月24日)のプレ展示として開催される。
ノマディック美術館は、建築家の坂茂氏による貨物コンテナを使用した仮設の建築物で、2005年3月のニューヨークでの初公開後、サンタモニカでの公開を経て、都内での公開となる。
六本木ヒルズでは、写真作品約15点とノマディック美術館の建築模型を展示する。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。