「 悠々自適 」 な ・・・ 自由生活
 変動する世界の、、、新鮮な「にゅーす」を、検証したい♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スカイライン開通
スカイライン開通

スカイライン開通
さあ乗鞍の春 岐阜高山

 冬の間、閉鎖されていた岐阜県高山市丹生川町の乗鞍スカイライン(全長14.4キロ)が15日、開通した。
観光客はさっそくシャトルバスやタクシーで終点の畳平駐車場(標高2702メートル)へ向かい、北アルプス・乗鞍岳の頂上部へいざなう雄大な景色を堪能していた。

 スカイラインは2003年から、環境保護のためマイカーの乗り入れを規制している。
同駐車場では昨年9月、観光客ら10人がクマに襲われ重軽傷を負う事故があり、パトロール員や宿泊施設などがクマ出没時の警戒態勢を整えた。
<解説:引用>
スポンサーサイト
平岡祐太
tnr1003190758002-p1.jpg

平岡祐太
「毎日が発見」 
初舞台「相対的浮世絵」に挑む

 初舞台に「毎日が発見です」と話す。テレビドラマ「ゴッドハンド輝」の主演などで売り出し中の俳優、平岡祐太(25)が、こちらもひっぱりだこの演出家、G2とのコンビで、18日から東京・渋谷のシアターコクーンで始まった舞台「相対的浮世絵」(土田英生作)に挑む。

 平成14年のジュノン・スーパーボーイ・コンテストで優勝し、映画やドラマに数多く出演しているが、舞台を見るようになったのは2、3年前からだ。
「野田(秀樹)さんはエンターテインメント、河原(雅彦)さんのはおしゃれ。G2さんの舞台は、どこか空気感が違う。大がかりな装置などもないですしね」。
そのG2の指導を受ける。

 演じるのは十数年前の高校時代、友人と一緒に事故で死んだと思われていた達朗役。
男たちの織りなす人間模様が描かれるが、「G2さんからは、舞台でうそをつくことはあり得ないと言われました」。
与えられた課題はいっぱいだ。

 ほかに袴田吉彦、安田顕、内田滋、西岡徳馬が出演。
28日まで。
<解説:引用>
写 楽 
031-b.jpg

写 楽 

「三世市川八百蔵と三世坂田半五郎」



<解説:引用>
皆既日食 喜界島で観測 
皆既日食 喜界島で観測 

皆既日食 喜界島で観測 
46年ぶり天文ショー

 皆既時間が6分を超える今世紀最長の皆既日食が22日午前、インドから中国、鹿児島県・トカラ列島などで起きた。

 国内の陸地で皆既日食が観測できるのは46年ぶりとあって、多くの人々が「世紀の天文ショー」を見守った。
鹿児島県・喜界島では皆既日食が観測され、太陽が月にすべて覆い隠されると周囲は夜が来たように暗くなった。
一方、6分25秒の皆既となるトカラ列島・悪石島は悪天候で、地上からの観測はできなかった。
日本列島も曇りがちで、部分日食が観測できたのは沖縄、九州北部、関東北部、北海道などの一部地域に限られた。
<解説:引用>
46年ぶりの皆既日食
46年ぶりの皆既日食

46年ぶりの皆既日食
黒い太陽、つかの間の夜…

 輝くコロナに包まれた黒い太陽、つかの間の夜――。
太陽が月に完全に隠される皆既日食が22日、国内の陸地の上空では46年ぶりに鹿児島県の奄美大島などで観測された。
部分日食も各地で見られ、太陽と月が織りなす天体ショーが繰り広げられた。

 皆既日食は太陽と月、地球が直線上に並び、地上から見ると太陽が月に隠される天文現象。
太陽と月の見かけ上の大きさがほとんど同じために起こる。

 奄美大島では午前11時前に皆既状態になり、天文ファンらを楽しませた。
一方、皆既状態が6分半近く続く鹿児島県・トカラ列島の悪石島(あくせきじま)は雨模様。
高額な観測ツアーで訪れた人たちからため息が漏れた。
<解説:引用>
善光寺 御開帳
善光寺 御開帳

善光寺 御開帳

 長野市の善光寺で5日、数え年で7年に1度の御開帳が始まった。
午前6時半、住職の小松玄澄貫主が本堂奥に安置された厨子(ずし)の扉を開くと、金色に輝く阿弥陀如来像を中央に前立本尊が現れた。
<解説:引用>
「どこでも合格!」 
「どこでも合格!」 

「どこでも合格!」 
名古屋

 17日は大学入試センター試験。
受験生を励ます「合格あめ」作りが、名古屋市中村区の製菓会社でピークを迎えている。
太さ30センチほどのものが職人の手によってのばされ、完成品は直径約2センチになる。

 オーダーメードのあめ作りサービスをしている製菓問屋「ナカムラ」(同市西区)が受け付けて委託製造しているもので、「金太郎あめ」の要領で作っている。私立高校や進学塾からの受注が多いという。
<解説:引用>
アルフォンス・ミュシャ
image859.jpg

アルフォンス・ミュシャ
アルフォンス・ミュシャ
image859.jpg
<シクラメン>
20081028-053.jpg

<シクラメン>
冬の花 色とりどりに出荷待ち

 本格的な冬の訪れを前に、愛知県豊川市でシクラメンの出荷作業が続いている。12月までに3万本を扱うという荻野園芸では、1500坪の敷地に建つ温室やビニールハウスに赤、ピンク、紫、白など色とりどりのシクラメンが咲き誇り、出荷を待っている。

 豊川市は全国有数のシクラメンの産地。
同園芸の荻野伸治さん(36)によると「今年は残暑が厳しくなく、涼しいので出来が良い」という。
<解説:引用>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。